初心者のためのアクリル加工の基礎知識・・・季節感と伸び縮み

IMG_5785
昨日クリーニングビーの壁下さんがFBで

寒の戻りは4月8日付近とおっしゃってましたが

ほんとですね

今日の大阪は春が戻ってまいりました

冬物がなくて昨日まで大変だったので一安心です♪

それにしてもクリーニング屋さんの季節感はすごいですね!

3  壁下 陽一

僕らアクリルの加工屋も

季節によって

ほんと真冬と真夏では大違いです

何が違うかって!

それは樹脂ならではのことです

気温による伸び縮み

トップの写真

これは少し誇張しすぎました!

はみ出ているイメージです

紙に書いた枠から・・・

IMG_5784

うちは樹脂の成型

型で形を作る加工法ですが

これ結構得意にしております

型もほとんど自作で

いろんな形状

いろんなサイズを

製品に合わせてつくるのですが

平板の樹脂を成型するとき

季節によって気温が違いますよね

もともと樹脂は温度によって伸び縮みする

そこを利用して成型するわけです

なので

冬は

そもそも縮んでいます

夏はというと

そもそも伸びている

それを同じサイズで用意します

なので

冬は温めるまでに時間がかかって成型しにくいし

夏はやりやすい

炉曲げは一年を通じての製品づくりには向かない

ということは

冬に縮んでいるアクリル板を成型したものと

夏に伸びているアクリル板を成形したものは

まったく違うものになります

わかります!

寸法がまったく違うものになります

アクリル板は

成形炉に入れると

ぐにゃぐにゅになり

一旦ものすごく伸びます

大体160度くらいで温めます

 

ものにもよるけど

ものすごく伸びます

それを型になじませる

そのあとはひたすら

冷やします

そうすると

伸びた板が縮みます

そうして寸法を出すのです(ぱちぱち)

なので

夏は伸びたアクリル板を成型するのですから

その製品は冬場になると縮みます

冬は縮んだアクリル板を成型するのですから

その製品は夏場になると伸びます

ということは

夏場と冬場の製品は

季節によってまったく違う寸法サイズになってしまう

あんまり精度がいらない製品ならともかく

精密な機械のパーツだと

まったくのNGとなります

出来れば気温が安定している春と秋なんかがいいですよね

だって真夏と真冬はあるけど

真春と真秋って言わないですよね

日本語というものは季節感をすごく表現できてますよね!

なんか最後は日本語についてで締めくくってしまいました

今日は

他の業種の方も季節の変わり目には敏感なんだなと

感心しつつ

アクリル加工の季節感について考えたことは

おおむねそんなところです

では

 

ほかに何かアクリルに関してこんなこと聞いてみたいという方

Fax、メールは24時間受け付けております!

お電話の場合は平日か土曜日の朝9時から夕方5時までです。
土曜日は早めに片づける場合がありますので、お電話はお早めにー

お問合せはこちらから~

 

お電話でのご相談も承りまっせー(笑)
お電話でのご相談も承りまっせー(笑)

 

The following two tabs change content below.
稲垣 圭悟
こんにちは!
アクリル運動部:総監督の稲垣です
僕のブログを読んでいただき感謝、感謝です!
以前はガンバ大阪のコーチとしてグラウンドをこどもたちとかけまわってました。
現在はアクリルなどの樹脂を専門で加工する加工屋「共栄化学工業株式会社」の3代目です。
アクリル運動部は、とにかくスポーツが大好きなのでスポーツに関わりたい、そしてプロスポーツの現場にいた人間として、スポーツ選手や関係者の方の応援をしたいという思いからです。
プロの加工屋としてどんな形でスポーツ振興に貢献できるか楽しみです。
いろんなスポーツと関わって僕自身も楽しみたいと思っておりますので、
気軽にお声賭けくださいね!

略歴
元ガンバ大阪コーチ
元日本サッカー協会B級コーチ
元日本体育協会公認コーチ

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket