アクリル封入注型の世界・・・封入できるもの、できないもの

豆を封入したもの

 

アクリル封入注型の世界!

以前も初心者のためのアクリル加工の基礎知識で取り上げました

そのときのブログはこちら

http://kyoeikagaku.jp/blog/archives/420

 

封入を横から見ると

 

アクリルの封入注型について

ご存知の方にも

復習をかねて申し上ます!

 

アクリル加工の業界では

昔からある伝統的な加工方法で

封入注型は

封入・・・閉じ込める

注型・・・型に注ぎ込む

もので

代表的なものは

トンネルの開通の記念品として

爆発的に広まった「貫通石」というもの

僕ぐらいの年代の方なら

一度は

ご覧になったことありますよね

封入注型の代表的な作品 「貫通石」(かんつうせき)

「日本列島改造論」を田中角栄氏が公約と掲げて

なのかどうかはさだかではありませんが

高速道路など公共工事の際に

トンネル工事がいたるところであって

その開通記念品として

どこででも配られておりました。

いわゆる「記念品の量産品」としてです

今はこの記念品

ほとんどないです!

今回は

じゃあ実際

入れれるものと

入れれないものって

どんなものがあるのでしょうか

 

ドライフラワーを封入

 

一般的には

天然素材で水分が含まれないものであれば

アクリルの中に高確率で封入できるとなってます

花などは水分を含みますが

乾いた押し花ならは大丈夫です。

 

フィルム ネガを封入したもの

 

製品をそのまま封入する場合については

いろいろ封入できるので

あえて

封入できないものをご紹介しますね

できないものは

アルミ製品

銅製品

塗装製品等です

あとは圧力がかかるので

中が空洞のものも変形しやすいので

封入には向いてない

 

横から見ると

 

現在は単品ものが多いアクリルの封入注型品

使い方次第では

ほんとに美しい

加工品

記念品

美術品

オブジェ

となります!

デザイナーの方や

企画の方には

是非知ってもらいたい加工方法のひとつです

 

ではでは

 

 

いろんな加工事例と共栄化学の仲間をご紹介しております

共栄化学工業株式会社のフェイスブックページはこちらからどうぞー

https://www.facebook.com/kyoeikagaku

 

 

アクリルや加工に関していろいろ聞いてみたいという方

Fax、メールは24時間受け付けております!

お電話の場合は平日か土曜日の朝9時から夕方5時までです。

土曜日は早めに片づける場合がありますので、お電話はお早めにー

お問合せはこちらから~

 

お電話でのご相談も承りまっせー(笑)

 

アクリルについた小キズを取るならこれ!

 

刻夢KIZAMU

 

The following two tabs change content below.
稲垣 圭悟
こんにちは!
アクリル運動部:総監督の稲垣です
僕のブログを読んでいただき感謝、感謝です!
以前はガンバ大阪のコーチとしてグラウンドをこどもたちとかけまわってました。
現在はアクリルなどの樹脂を専門で加工する加工屋「共栄化学工業株式会社」の3代目です。
アクリル運動部は、とにかくスポーツが大好きなのでスポーツに関わりたい、そしてプロスポーツの現場にいた人間として、スポーツ選手や関係者の方の応援をしたいという思いからです。
プロの加工屋としてどんな形でスポーツ振興に貢献できるか楽しみです。
いろんなスポーツと関わって僕自身も楽しみたいと思っておりますので、
気軽にお声賭けくださいね!

略歴
元ガンバ大阪コーチ
元日本サッカー協会B級コーチ
元日本体育協会公認コーチ
六道プロジェクト アクリル運動部 アクリル購買部 共栄化学工業 アクリル運動部スポーツクラブ